構造物撮影

【概要】

高性能無人ヘリコプターにデジタルカメラを搭載し、橋梁などの構造物を対象として撮影を行い、撮影画像を画像処理することにより構造物の健全度診断に役立てるシステムである。本システムの利用により、従来であれば足場を組む必要がある箇所や人員接近困難箇所の調査が容易に行える。また、画像伝送装置も搭載しており、地上で映像確認しながら、ピンポイント調査ができる。撮影だけではなく、画像処理技術にて、ひび割れ分布図や損傷図などの成果品が作成可能です。

上向きカメラ装着機体
橋梁下部撮影風景
側面撮影風景
ダム撮影風景
サーモカメラ搭載風景

画像処理

独自画像処理技術にて、画質調整・歪み補正(幾何補正)した後、合成処理を行い一枚の画像にすることができます。

応用

撮影された画像からクラック抽出が行え、また熱赤外線センサーを用いて構造物内部の調査もすることができます。

【特徴】

1.あらゆる角度からの調査

橋梁上部や側面の撮影だけではなく、上向きにカメラを装着することにより直上方向の撮影も行えるため、橋梁下面の撮影も可能である。また、GPSなしでも安定飛行が行え、橋梁下面や側面に対して1m程度まで接近することができます。

2.現場作業の省力化

遠隔操作での調査なので、水面上の橋梁下面といった箇所の調査も足場や交通規制の必要がなく、点検コストの削減・点検回数の増加が図れ、戦略的に構造物の維持管理ができます。

3.デジタル化

デジタル画像は客観的で再現性のあるデータで維持管理の品質管理を向上させることができる。撮影画像は画像合成で0.3mmが見える一覧性に優れた画像に加工し、図面と重ね合わせ、ひび割れ図や損傷図に加工できるため、わかりやすい成果品の作成が可能です。

4.各種センサーの搭載

デジタルカメラ以外にもサーモグラフティ等の様々なセンサーを搭載することにより空洞や浮きの検出が可能で、調査手法を広げることができます。

3スパン