SPIDERについて

機体概要

SPIDERは、自律飛行可能な小型無人ヘリシステムです。機体に内蔵されたGPS・ジャイロセンサーにより安定した飛行が可能です。また、地上PCと組み合わせて自動離陸後に設定したルートに従い飛行・撮影し、自動着陸を行います。

上空画像
spider
項目 仕様
機体重量 CS6 3,800g(機体により変化)
外形寸法 1,000×1,000x400mm
駆動 モータ駆動
耐風 15m/s以下
飛行時間 10分~25分(リチウムポリマー電池)
搭載重量 4,000g~6,000g(機体により変化)
撮影範囲 約1,000m
搭載機材 EOS 6D/NEX-7/α7R/熱赤外カメラ/近赤外線カメラ等
到達高度 250m

他にも調査・撮影に対応する為の色々な機体があります。

spider
spider
spider
spider

サイズが1m未満・本体重量が約4kgという小型で軽量な機体でありながら、フルサイズの一眼レフカメラも搭載可能で、風速も15mもの強風にも対応ができます。

機体の安定性も最新鋭の姿勢制御システムにより、高い安定性があります。さらに撮影装置も様々な対策が施され、振動・機体の傾きによるズレ等に悩まされることはありません。

A.自律航行

ルート設定して機体にインプットすれば、自動的に離陸・フライト・撮影・着陸することができます。

C.安全性

もしも万が一電波が切れても自動的に離陸地点まで戻ってくる自動帰還モードを備えています。

E.運用性の高さ

本体中心部にカバーを施せば、雨・雪の中でも飛行ができ、緊急時の迅速な対応が可能です。

B.パワー

最大6kgもの搭載重量があり、しかも風速10m前後もの状況にも安定して飛行できます。

D.自由な撮影度

動画もぶれなく撮影でき、撮影も垂直・斜め・上向きまで360度柔軟に対応できます。

F.静音性

バッテリー駆動なので、非常に静音性に優れ、運用する場所を選びません。